小さな思いやりアクション


世界で消費される紙の量は毎日100万トン以上で、
その約90%が木を原料としています。

日本人のひとりあたりの紙の使用量は200kg以上/年。
世界の経済発展に伴い紙の消費量が増加する一方、木の再生が追いつかず、世界では毎年日本の国土面積の約3分の1にあたる広さの森が失われているのだそうです。

そしてこの紙の生産のための森林伐採により、森にすむ絶滅危惧種への影響 (トラ、ゾウ、オランウータンなど)、生態系の破壊など、さまざまな環境問題を引き起こしています。

 

近年注目されているバナナペーパーは、環境に優しい資源として個人のみならず企業の間で梱包材や名刺などに使用されています。木が十分な大きさに育つには約10〜30年もの年月がかかります。一方、バナナの木はわずか1年で成長します🍌🐒

ラヴィステラでは地球に優しいバナナペーパーの推進と途上国支援のため、バナナペーパーを使用したメモの販売を開始しました。

この商品は、アフリカと日本のコラボにより、貧困と環境問題の改善につなげるアフリカザンビアのフェアトレードのオーガニックバナナの茎から作られるバナナペーパー(商品名:One Planet Paper®)を使用しています。

 


バナナペーパーの仕事のおかげで子ども達が学校に行ったり、電気のないうちにソーラーランプをつけたり、マラリア予防の蚊帳を購入したり、森林伐採や野生動物の密猟を防ぐことにも繋がっています。


デザインは、バナナペーパーの繊維の故郷であるザンビアのサウス・ルアングワ国立公園で自由に生きる野生動物がモチーフです。


ザンビアのオーガニックバナナ畑で、通常は廃棄されるバナナ繊維を使用し、紙づくりを行なっています。

 

商品はこちら